ピアノ講師関連の情報を収集してます


by ynvumuilln

<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 28日午後1時半ごろ、新潟県新発田市大手町のスーパー「生鮮市場タカマツ」に、同市下寺内の無職の女性(69)が運転する軽自動車が突っ込み、正面のガラス戸を壊して停止した。新発田署によると、店内で買い物をしていた63歳と55歳の女性が首や肩、背中などに軽い打撲傷を負ったという。

 軽自動車を運転していた女性は、このスーパーで買い物を終え、駐車場から出るところだった。同署は、女性がブレーキとアクセルを踏み間違えたのが原因とみて調べている。

【関連記事】
買い物客に暴走車突っ込み7人けが 駐車操作誤る 広島・福山
警察官目がけて車を突進、殺人未遂容疑で無職男逮捕 沖縄県警
集団登校の小学生に車突っ込む、5人軽傷か 茨城・小美玉
ナンバー交換…車で警察官に突進、殺人未遂容疑 名古屋
免許取り立て、納車の翌日…車、コンビニに車突っ込む

首相、参院予算委前に「正直に真摯に誠実に」(産経新聞)
首相動静(3月3日)(時事通信)
<桜開花日>数日早まる予想 日本気象協会など3機関(毎日新聞)
「プラス改定、素直に喜びたい」−全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
公共事業費の大幅削減、国交相と民主議員が激論(読売新聞)
[PR]
by ynvumuilln | 2010-03-07 15:44
 参院予算委員会は3日午前、鳩山首相と全閣僚が出席して2010年度予算案の基本的質疑を開始した。

 首相は、自身や小沢民主党幹事長を巡る「政治とカネ」の問題について、「小沢幹事長とお互いに説明責任を果たすべく努力しようと約束した。私は国民に説明責任を尽くしてきたし、これからも尽くす」と強調した。実母から提供された巨額の資金について「弁護士から国税庁が調査中だと知らされている」と述べ、税務当局の調査が続いていることを明らかにした。

 小沢氏の説明責任については、「小沢氏は小沢氏のやり方で尽くしていくということだろう」と述べるにとどめた。

 一方、トヨタ自動車の大規模リコール(回収・無償修理)問題をめぐる同社の対応について、首相は「真摯(しんし)に対応されてよかった。ユーザーの信頼を回復されるよう期待したい」と語った。

温暖化対策基本法案で環境省が素案(産経新聞)
がんを知るフォーラム 横浜で700人が参加(毎日新聞)
「別れさせ屋」、探偵業法に基づき指導へ(読売新聞)
「駄々っ子みたい」 山岡氏、自民の国会戦術を批判(産経新聞)
<鳩山首相>小沢氏と参院選に向け会談(毎日新聞)
[PR]
by ynvumuilln | 2010-03-05 23:56
 長妻昭厚生労働相は24日、無年金と思っていたものの、旧社会保険庁の通知で年金の受給資格があると分かり、月額3万8000円の年金が回復した女性(67)と同省内で面会した。女性は夫が厚生年金に加入していた17年間、国民年金に未加入で、この間を「カラ期間」として加入期間に算入できることを知らなかった。長妻氏は「カラ期間をさらに徹底的に広報したい」と述べた。
 夫が厚生年金などに加入していた専業主婦は、1986年3月末までは国民年金への加入が任意で、未加入でも受給資格に必要な25年の加入期間に含めることができる。面会で女性は「(年金回復で)クリスマスプレゼントとお年玉が一緒にきたようだった」と喜んだ。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相

重体の4歳女児死亡…宮城アパート火災(産経新聞)
公園でモクモクやめて…東京・北区が自粛求める(読売新聞)
米49ersチアリーダーが関空増便PR(産経新聞)
<訃報>長田庄一さん87歳=元東京相和銀行会長(毎日新聞)
自動車用電線でカルテルか=矢崎総業などに立ち入り−公取委(時事通信)
[PR]
by ynvumuilln | 2010-03-02 21:39
 政府は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)を移設先とする現行計画に基づく環境影響評価書の沖縄県知事への提出を先送りする方針を固めた。

 現行計画見直しが進む中、県外移設を求める沖縄県議会などに配慮したものだ。

 最終的に現行計画の推進を決めた場合でも、評価書の提出から県知事による海面の埋め立て許可までは通常、半年はかかるため、目標としていた今年夏までの着工は絶望的となった。

 防衛省はシュワブ沿岸部周辺で実施した騒音や海洋資源などの環境影響評価(環境アセスメント)に基づき、現行計画通りの建設は環境上、問題ないとする評価書をまとめている。政府は昨年12月に移設先選定の延期を決めた際、環境アセスの手続きは継続して行うことを決めており、米国への配慮から評価書を早急に提出する予定だった。

 しかし、1月の名護市長選で普天間飛行場の代替施設受け入れ反対派が当選、2月24日には同県議会が国外・県外移設を求める意見書を全会一致で可決する中で、「評価書の提出は沖縄の反発を招く可能性が高い」と判断した。

春一番 関東、西日本などで観測 全国で5月並みの陽気(毎日新聞)
民主・石井氏「鳥取、島根は日本のチベット」(読売新聞)
トヨタは誠実対応を=鳩山首相(時事通信)
国母選手が帰国、身なり整え「分かんないっす」(読売新聞)
「夫婦・親子別姓」法案を提示 法務省(産経新聞)
[PR]
by ynvumuilln | 2010-03-01 16:45